福岡:赤煉瓦文化館

c0179348_00052708.jpg




5/13~21まで福岡ミュージアムウィークが開催中

夫と2人で赤煉瓦文化館に出かけました
なぜならガイドツアーに応募して当選したんです☆

昔からある建物ですが初訪問です

c0179348_00052789.jpg
こちらは日本生命保険会社の九州支店として
明治42年に施工されたそうです

明治洋風建物の代表として
国の重要文化財に指定されています

c0179348_00052744.jpg
入り口入って左手のカウンター
この奥は現在福岡市文学館として
いろんな資料があり自由に閲覧できます
※撮影はNGでした



1Fには他に2部屋あり
展示室となっています
c0179348_00193343.jpg
この建物の設計者は辰野金吾氏
あの東京駅を設計した建築家です

c0179348_00193260.jpg
棟梁のお名前が清水さん

現在の清水建設だそうで
当時の資料が残っている関係で
復元・整備作業は今も
清水建設が請け負っています


c0179348_00260287.jpg
鉄筋の階段を上って2Fへ


c0179348_00260221.jpg
こちらは会議室になります

真ん中に大きな鏡があり
光を反射して少しでも明るくなるよう
当時なりの工夫があったようです

現在このスペースは有料で
一般に貸し出しもしています

c0179348_00260239.jpg
会議室としてはもちろん
展示会や演奏会としても
利用できるそうです


c0179348_00260264.jpg
c0179348_00260227.jpg
残る2部屋は医員室と診察室

保険に加入される方の
健康診断を行っていたそうです



ここまでは一般開放されてるスペース

ここから先はガイドツアーならではの
普段見ることができない場所です

c0179348_00341718.jpg
3Fへと続くらせん階段


狭くて急なこの階段を上がると
c0179348_00341766.jpg
扉があり外を眺めることができます


ちょっとだけ身を乗り出して撮影
c0179348_00341717.jpg
那珂川側



c0179348_00341815.jpg
昭和通り側



それと小部屋がありました
c0179348_00341775.jpg
まさに屋根裏!
外壁の煉瓦の内側が見えます


c0179348_00341707.jpg
らせん階段の下りが怖かったぁ(汗)



次に地下に降ります

c0179348_00393682.jpg
梁の鉄骨はイギリスから輸入されたもので
製鉄会社の刻印がされてました



c0179348_00384610.jpg
内部構造が見れるようになっています



あれ?
地下なのに外に出れました
c0179348_00384638.jpg
このスペースがあることで
地下へも灯りが入るように
工夫されていたんですね

c0179348_00384684.jpg
見上げると飛行機雲!



最後は中庭で煉瓦の説明がありました

煉瓦の積み方も2つあるそうです
c0179348_00440638.jpg
主に外観はドイツ積み



c0179348_00440674.jpg
強度を増すために内側は
長さの違う煉瓦を使ったイギリス積み

このイギリス積みは唯一
お手洗いの建物で
見ることができますよ


割と小さな建物ではありますが
見どころも多く楽しめました♪

昔はこの中にカフェがあったそうです
復活してほしいな~






【福岡市赤煉瓦文化館】

 住所・TEL
福岡市中央区天神1-15-30
092-722-4666

 営業時間
9:00-21:00

 休館日
月曜及び年末年始

 アクセス
地下鉄天神駅下車 徒歩5分




[PR]

by mamekorokoro | 2017-05-14 23:57 | 【立寄&見処&宿泊】